読者登録

親力_沖縄

1010HAPPYの必要性③池原より〜1月沖縄クラスを振り返って〜

投稿日:

                        池原由貴子
1010HAPPYがなぜこれほど大事か

助産師として 
産科の現場で働き、
命の誕生の現場に携わっていた私。

現場で思っていたことは
妊娠・出産・子育てを通して
女性は大きく変わる!

出産で「死ぬ」という表現をしますが、
そのくらい命が大きく生まれ変わるのが
妊娠・出産・子育てです。

そして この時期に
お母さんの精神状態がとても影響することも
感じていました。

経験を通して知った難産の三大職業

教師・公務員・助産師などの
医療従事者や保育士の専門職という
知識や頭が強い職業ばかり(笑)

安産と難産の違いは
“考えるか 感じているか” の違いだということも
肌で感じていました。

現場での実践を通して 
人の違いは心にあるということが
わかっていましたが、

その違いに対して
どう育てていけばいいのかわかりませんでした。

そんな中、
私自身も自分の出産 子育てを通して 
金城先生と小堀さんに出逢いました。
 
「お母さん、あなたからだよ」

「わからなくても抱っこしなさい」という言葉が私の分岐点となり、

“心を育ててこそ人なんだ” ということを知り、
先生の元で親力プログラムを学び始めました。

 
“子育ては人を育てることで命を育てること”

“命には基本があって、
育てるやり方も方法も順番もあること”
 
親力を学んで、私自身が変わって
子供が変わり、子育てだけではなく、
何より自分自身の生き方、
生きる目的、意味全てが大きく変わりました。

それと同時に助産師としての価値観も
大きく変わり、今まで信じてきた医学書や教科書ではない確信するものを掴むことができました。

現場では自分の変化を関わるお母さんたちにも
伝えていきました。
お母さん自身が何が大切で、何が正しいのか
はっきりと知らないまま、漠然と子育てをしている事実を現場では感じていたので、

“この時期にこれをすれば子供がこう育つ”

ということがはっきりわかって伝えることで、
お母さんたちが迷わずしっかりと赤ちゃんと関わるようになり、劇的に親子が変わっていく事実。

親力プログラムが
現場でこんなにも求められていること 
必要な情報だということを痛感し、
これこそ現場で一番最初に教えることで、
私たち助産師も知っておくべきものだ!と私の中で熱い想いとなっていました。
 
人が生きるうえで一番大事なことは何かを教える親力プログラムというものがあること

命の基本をもっと早い時期から知っていれば 
その後の人生が大きく変わる

お母さん自身の子供に与える影響の大きさを実感したときに妊娠したらまずこの”命の基本”を知ってもらいたい
 
そんな中、小堀さんと出産の話をしていて、
小堀さんがどう出産していたかということを聞いた時、対処方法ではなくそもそも
“命に対する姿勢や向き合い方” が違う事を実感。

この話を今、関わるお母さんたちに伝えたい!と小堀さんにお願いして 当時勤めていた病院の母親教室に来て話してもらいました。

この時期に今、何が大切で何をするべきか 
お母さん自身が自覚し、子供に与えることで
子供に一生の財産である 
終生免疫力の「生きる力」を手渡すことが
できるのです
 
親力プログラム・1010HAPPYを
お母さんの義務教育に!
とその後、現場の助産師を辞め、親力プログラム講師としての伝えていくことを決めました。
それが私の助産師としての役割だと
実感しています。

誰でもわかりやすく、シンプルに
親力プログラムの中でも
特に一番基本の中身でつくられたのが1010HAPPYです

命の基本を教える場所も人もいなければ 
そもそも知らないということ
人が生きる上で一番偉大な仕事は
子供を産み、育てることだ

このことをお母さん自身が自覚することが
何よりも大切で、お母さん自身が尊い存在だということを感じるのが一番の命の基本です。

一年を通して、その本質を伝え、
掴ませていきます。
1010HAPPYを通して 命の尊さそして命の基本を感じて育んでいきましょう。

-親力_沖縄

執筆者:


  1. 小堀美奈子 より:

    あらためて大切な学び
    尊い1010HAPPYクラスだねー
    丁寧に育ち合って行きましょうね〜

  2. 前川佐世 より:

    ゆきちゃん😍
    1010前身の母親教室で
    小堀さんやゆきちゃんの話を聞いて
    感動して心打たれたお母さんたちの姿✨
    今でも覚えている😭

    みんな知らない、知りたい、命の授業✨
    その基本の1010ハッピー❤️
    私も楽しく学びます❣️
    宜しくお願いしまーす🙌

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

1010HAPPYの必要性②小堀より〜1月沖縄クラスを振り返って〜

小堀美奈子さん 私たち 講師三人もお母さんです。 命の基本や生きる上で何が大事かわからないから 自分自身を何者かになろうとしてキャリア積んだり、自分に合わない事をしてきました。 航空会社という憧れの世 …

1010HAPPYの必要性①幸美より 〜 1月沖縄クラスを振り返って〜

親力プログラムの基礎クラス 1010HAPPYクラス スタートということもあって 私たち講師三名の話は 親力プログラム そして 親力の基礎である 1010HAPPYクラスができるまで その 大切さを三 …

沖縄_応用「人格と性格の基本構造」

本日は 親力プログラム in 沖縄 テーマは「人格と性格の基本構造」です 「人格」は 後天性 生まれ育つ環境や 親の影響によって つくられるものです 「性格」は 先天性 その子の 生まれ持った資質です …

親力プログラム in 沖縄 (総合理解クラス) テーマは「総まとめ」

親力プログラム in 沖縄 (総合理解クラス) テーマは「総まとめ」 今年最後のセミナーです お母さんの笑顔も定着して来て 愛着心も 感じる素敵なクラスに育ちました 今日は 3年間の 総集編 お届けし …

親力プログラムin沖縄『母性の役割』

今日のテーマは「母性の役割」 ここで言う母性とは 母性、父性の 相対的な意味ではありません 相対的 対象としての 母性は 基本 「愛着心」を 育てること 父性は 「自立」を促すこと それが 母性 父性 …

訪問者数

  • 20今日の閲覧数:
  • 47昨日の閲覧数:
親力プログラムは親自身が「生きる力」を身に付けることによって子供に生涯にわたっての「終生免疫力」を培います。 「やんちゃな神さま」著者の金城幸政先生が、人間の仕組みに沿って開発し、最終的には「誰といても・どこにいても・どんな時も、自分らしくいられる」といった、本当の自分らしさに辿り着きます。それは社会での人財育成にも必要不可欠なこと。 「自分自身が尊い」という『自尊心』を培い、笑える子育て!を目指します。
〒901-2113 沖縄県浦添市字大平503-5 ベルグ大平マンション101号室 TEL:098-943-9091 MAIL:info@enrin.co.jp