読者登録

3月1010HAPPY 先生講話ポイント 

投稿日:2018年3月23日 更新日:

~心を育てる~

今日のテーマ「心を 育てる」

その ポイントは 「生理的欲求」です。

幸せになるために 多くの スキルを学ぶより、
感じる力を取り戻せば 幸せは すぐに 見つかります。

この日のテーマ 
人が 生きる上で 超〜 貴重ですよ〜。

親として 子育てを通して、「何を 与えられるか」を解説。

 

ぬくもりだけで生きていける

人には身体感覚、自分の身体の充実感、
精神感覚、精神の充実感というものの二種類の感覚があります。

人は、この両方のバランスで幸せ、というのを感じるようになっているんですけど、
身体感覚と精神感覚の両方ともに育つのがバランスがいいんです。

この基本になるのが、お母さんの母乳のエネルギー、母乳をあげるときの
アイコンタクトで子供の精神に強く作用していくんです。

次に身体感覚。赤ちゃんの肌は露出した脳と言われていますので、
すべてが、脳の一部だと思って、触れていくこと。
それで、脳がしっかりと発達していくんです。
だから、刺激を与えた分だけ、脳は正常発達しやすい。

スキンシップがされないと、脳も停滞して、人は不感症になるんです。
不感症になるってことは、こんにちは・・・っていう、
この、僕の目の愛らしさ、目の眼差しを感じない、笑顔を感じないし、
元気だった~っていう心からのメッセージも受け取らないんです。

挨拶も、社交辞令なのか、めっちゃ思っていてくれたんだな~とか、
心がこもっている挨拶なのかも感じないので、
不感症だと、〝あるものが、無いもの〟になるんです。

〝あるもの も ないもの にする〟

 生理的欲求が埋まる、経験した人、満たされた人は、必ず同じ言葉を言うんです。

〝ぬくもりだけで、人は生きていける〟

同じ言葉を言うんですよ。

ぬくもりだけで人は生きていける。

共通した言葉を、学んで言うのではなく、
自分が感じて「これ一つで生きていける」んだなぁ~~~という充足感。
この・・・満たされたな~、充足感、がないから、
外側のいろんなものに関心事を向けて、全てをごまかしていたんだなと分かる。

生理的欲求、これが分かっただけで、
この一つが狂っていただけで、人生すべてが狂っていたんだって分かるんですよ。

 3名の講師の生き方は、三者三様だけれども、3人がいろんな旅をしてきて、
共通して言ったのが、〝ぬくもりが無いから人生こんなにまでも、遠回りしたんだな~〟ということ。、

あれも、これもと色んなことをしたんだな~~って、実感しているんです。

 

一緒の〝緒〟は情緒の〝緒〟

子どもは、共に育つからこそ、〝子供〟。
〝一緒〟〝共に〟するということで、子供は成長する。

共に を経験することで情緒が落ち着いて、
そこで、一緒が本当の親子の関係を作るということになる。
言葉だけでやるから溝ができて難しくなるんです。
なんでも、一緒にやることで子供はまねて身に着くし、
絆も作るというほど、とってもシンプルなんですよ。

だから、お母さんの子育てって、学校で言うと、五教科にはないと思います。
お母さんの子育てって教育、躾け。
でも、実際は体育!!なんですよ。

実践、実践、実践で、実務をしていくのが、お母さんの業務だと思う。
だから、子育てのイメージを変えることが大事なんです。

 

心を育てるって言ったとき、どうすればいいのか?

生理的欲求をちゃんと見て下さい。
生理的欲求を見ていくと、どんどん脳が発達する。
身体感覚が発達するということに伴って、心にスイッチが入ります。

生理的欲求、これがあるないで、人生は大きく変わります。
そこを埋めるだけで人生の一番基本のところからいくらでもやり直しがきくんです。

生理的欲求の基本が好かれたい、愛されたい・・・。

好かれたい、愛されたいが捻じれると、嫌われたくないに なるので、
この状態を抱えている人は、言いたいことが言えないんです。
つまり嫌われたくない。

 

愛というのは、〝無私なり〟で、俺の主張、私の主張じゃない。

ただただ、その人の幸せ、その人の安全、その人の健康、
ただ無条件に思う、祈る、行動に変えること。 
これが、愛なんですよ。

そう言ったときに、私どう思う?・・・って
私の事ばかり考えているのは、実は、
相手を傷つけるんじゃないかというように見えて、自分が嫌われたくないから。

言わないんだったら、自分の保身しか考えていないってことなんです。

つまり、愛の生き方をしていないから、
自分に失礼なことをする、粗末にする人に会っていくんです。

最終的に、自分の本音を言わないといけないくらい、嫌な思いをするんです。

そうやって、生理的欲求が埋まっていないだけで、
ずっと男運が悪いとか、女運が悪いとか、家庭運が悪いとか、
また、また運の話になるんです。

人生は運じゃないわけ。

その人の行動が愛がない構造だから、
愛がない事が現象化しているだけ。
生理的欲求が埋まらないだけで、
子供にこういう人生を歩ませる可能性があるんです・・・。

だけど、お母さんたちが、傷つけるとか、傷つけないとか、
そういうことには関心を持たず、
やっぱり、本気で生きようよ!、
本気の友達になろうよ!!って、
健全な関係の方が、本当の友だなって思って生きること。

そうすれば、今 、説明した、ぬくもりだけで生きていけるとか、
眼差しだけで生きていけるという世界が、早く、形になっていくと思います。

 

-

執筆者:


  1. 佐世 より:

    ゆきみさーんありがとうございます😍
    ぬくもりだけで生きていける、を体感したいです😍

  2. かずぴー より:

    先生は何度も「これは科学です」って言ってる。
    本当に科学だなって、しくみなんだなって思った。
    あーだからこーだからじゃなくて、当たり前なことが起こってる。
    生理的欲求をこれからも大事にしたいし、捻らないで真っ直ぐ伝えたい☺
    自愛ある生き方をしていきます。

  3. さやか より:

    温もりだけで生きていける💓
    それが 形になる方法 が分かりやすく書かれている✨ ホント、凄いし有り難いです💓 みんなと供に愛の環境拡げていきます😊

  4. 加島友紀 より:

    ゆきみさん❣️ありがとうございます😊
    ずっと自分の中にある「嫌われたくない」に違和感があって、なんだろう〜って思っていたらやっと聴こえてきましたぁ😌😌
    「好かれたい、愛されたいが捻れると、嫌われたくないになる」って聴こえて「そうなんだぁ〜」って思いました😊

  5. 山本茜 より:

    これめっちゃスゴイ事言ってるー❣️
    小学一年生時、この答えそのものを超求めてたー‼️
    答え、ここにあったよー😍🙌❣️

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

関連記事

1クールのまとめ❣️〜1010Happy④講師の話から〜

池原 由貴子 1クールのまとめ 楽しく学ぼう スキンシップ・アイコンタクト 心を育てる〜生理的欲求〜 楽しく学ぼう では なぜ1010Happyクラスが出来たのかという話 助産師として 現場で働いた時 …