読者登録

心を育てる 生理的欲求💖〜講師 ポイント🍀〜

投稿日:

 

池原由貴子

 

愛着心を育てる上で 大事になるのが

生理的欲求

自分の小さな気持ちや真っ直ぐな気持ち

 

小さい頃にお母さんにしてもらいたかったこと
あれしたい あれ食べたい 抱っこして

 

これは 生理的なので
誰でも持ってい当たり前のもの

 

これが 子育てをする中で
自分を育てるうえで
大事なもので
心の基本になります

 

お母さんが自分の気持ちを感じていくことが
このテーマの大事なポイントです

 

スキンシップが 自分の生理的欲求を
育ててくれたということを体感したのが

先月のスキンシップ・アイコンタクトでも
話した”わからなくても 抱っこしなさい”です

娘を産んで 子育てがスタートとした時
抱っこをすると イライラする自分がいました

赤ちゃんは抱っこして育てるものと
先生から教えてもらった時
初めて知りました

抱っこは単に泣き止ませたり あやしたりする
方法の一つとしか考えていませんでし

 

皆さんも この教室で 毎月ハグを続けるうちに
変わっていく自分を感じませんか?

 

触れながら 自分がどう感じているか
その変化や心地を感じていくのが
とても大切で

 

娘を抱っこして イライラしている
自分がいるのは

私自身が抱っこしてほしい
気持ちがわからないからなんだって
気づきました

小さい頃に
お母さんに抱っこしてほしかった
そんな小さな気持ちを
お母さんがしてくれないからって
“もう いいよ!”と諦めた結果

自分の本音がわからなくなるんです

私は娘が 抱っこというと
何で?と目的を聞いていました(笑)

抱っこしてほしかった気持ちを
諦めている
泣きたい気持ちを抑えている

抱っこしてもらいたい ・泣きたかった
そういう自分の気持ち・生理的欲求を
娘を抱っこし続けることで
自分の中で
思い出していく
それが また子供の気持ちに
繋がってわかっていきました

 

触れることは
自分の生理的欲求を取り戻して
自分の身体感情や身体感覚を育ててくれました

 

生理的欲求で もうひとつ 大事なのは
“むっつり禁止”

小さなこと 何でもいいから 話す

それがまた自分の生理的欲求を感じる
きっかけになりますので
自分の本音を話すことをしていきましょう

宮良幸美

 

長男を出産した後 夜泣きがひどくて
一日中 抱っこしている時は
これが一生続くのかと思うくらい

我慢の限界まで きた時に
息子の顔をみて
“この子には私しかいない”と
息子と繋がって ハッとしました

その時に”泣きたかったのは私なんだ”と
わかりました
息子の命に対して 失礼なことをしていると
気づいた時から 100・0で切り替わりました

改めて 何で自分は
ここまで 泣きたい気持ちを抑えていたかと
いうと 結果
自分の母親に抱っこさせたくない ってことでした

自分が子育てで悩んでいる姿や泣く姿をみせると
お母さんに負けた気持ちになるので
みせたくなかったんです

今だから 気づくこともできますが
勝ち負け で自分の気持ちを抑えて
自分が自分の気持ちをわからないだけで
子供に何で泣くの?と気持ちに寄り添えなくなっていたんだなぁとわかりました

自分が自分の気持ちをわからないから
イライラしている
それすらもわからなかったんですね

切り替わった時に 抱っこしなきゃいけない から
抱っこしたい!という自分がいて
それからは 息子4人とも
無意識にスキンシップをやっていました

それは小さい頃から姉の恵里子さんたちに
スキンシップをされ続けていたから
スキンシップの感覚が
自分の身体に染み付いていた お陰です

 

“わからなくても抱っこしなさい”

は まさしく 答えで
わかったから やるではなくて
まずはやってみること

そして 自分自身の生理的欲求が
ここまで 子供にも影響することを
お母さん自身がわかってて 抱っこすること
が大切です

そして 愛メシにも書かれていますが
お母さん自身が”自分が何であるか?”
と知ることで
子供に対しての言葉や態度が変わります

改めて 自分自身の気持ちを育てることを
大切に丁寧に感じていきましょう

 

 

小堀美奈子

 

生理的欲求には 理由がありません

抱っこ と 言えば 抱っこです

 

子供は生理的欲求100%の塊で
本来 人はこういうものだよ と
ずっと 働きかけていたんだなぁとわかりました

私の母はいかに合理的な 手をかけずに
子育てするかという考えでした

 

生きる力 は
1010の基本でもありますが
生きる力が 皆んなの中で漠然としていますね
先生の話では 生きる力は
コミュニケーション能力ですよと話しています

 

で 最初のコミュニケーションが
スキンシップ・アイコンタクトです

 

皆んな 話すことがコミュニケーションと
思っていますが 触れる・みつめることで
お互いの温もりから伝わってくるものが
コミュニケーションです

 

赤ちゃんがお母さんに 最初のコミュニケーションを教えてくれています

 

私は息子を抱き続けて イライラした時に
自分のイライラと息子とは関係ないな!と
割り切れました
自分の機嫌がとれない自分にも気づきました

 

私がここで言いたいのは
今しかない子供の時期
今しかないのに
それを気分でやってはいけないこと!
お母さんなら自分の機嫌ごとはやめること!です

 

自分が今 大事な命を育てているってことを
自覚する
今しかない瞬間を大事に続けていくことが
生きるってこと

 

自分の気分は自分しかなおせない

生理的欲求は子供を通して
一生育てていくものだし
理屈はないんです

 

生理的欲求は幾つにもなっても取り戻せます
皆さんの肌も赤ちゃんのように
露出した脳 です
触れられれば 触れられるほど
切り替わります

 

抱っこやハグを通して
母親自身も 自分の本質に切り替わっています
命対命の育みって凄いんです

“皆んなは愛でできてます”
これが聴こえたら 全て終わりです

愛になるためにやるんじゃなくて
愛だから なんでもやっちゃう!
そんな自分に切り替えて
始めていってください

 

 

 

 

 

-

執筆者:


  1. 佐世 より:

    ゆきちゃんありがとう🙏
    小さな気持ちも言葉に❤️
    むっつり禁止❣️
    愛だからやっちゃう私❤️
    始めていきます⤴︎

  2. さやか より:

    講師のお話しが文章に😍
    めちゃ有り難いです💓
    愛だから 何でもやっちゃう😍
    ワクワクしかないです〜💓

  3. 泉 広美 より:

    愛だから 何でもやっちゃう!だから 愛なんだ〜💕💕💕 そうだ 愛だから やっちゃうんだ〜😊😊😊

    むっつりしないで 小さい事でも 言って行きます😊

    ゆきちゃん 美奈子さん ゆきみさん ありがとう御座います💕💕

  4. いずみん♡ より:

    由貴子さん💖
    幸美さん💖
    小堀さん💖
    凄い迫力❣️❣️❣️
    生理的欲求💖愛コンタクト💖好きンシップ💖
    ガツーンと違って聞こえます💖
    有難うございます💖

  5. 加島友紀 より:

    ありがとうございます😊
    「皆んなは愛でできてます」ってすごい❣️

  6. 美由紀 より:

    すごい!とってもわかりやすくありがとうございます❤️
    スキンシップ、アイコンタクト、むっつり禁止やっていきます😊✨✨

  7. 鈴木真記子 より:

    由貴子さん、幸美さん、美奈子さん、どうもありがとうございます。
    今しかない瞬間を大事に続けていきます✨

    明日お会い出来るのを楽しみにしています💖

  8. キュウ より:

    読んでて泣けました。分かりやすい✨
    ほんとに自分なんだなぁ。
    自分迷子に気付けたので、知っていきたい!と思ってます。ハグの心地も変わってきてます。
    「今」しかないのに気分や機嫌でやっちゃってた!そうだそうだ、と我に返ったり。

    ありがとうございます💖

  9. きえ より:

    すごい!
    3人のお話が全て当てはまる。
    講師達も先行くお母さんだったんですね!
    分からなくてもやる!がどれだけの命を育てるか。
    私もハグの心地が変わってきました❤️❤️

  10. ちえみ より:

    ゆきみさん、みなこさん、ゆきこさんありがとうございます。
    全部を見せて話してくださって、手渡してくださっていることが分かりました。
    丁寧に大切に感じて育んでいきたいです。

  11. 大塚 貴子 より:

    聞いていると流れていってしまう言葉も、読むととても分かりやすいです✨
    自分を感じる💕
    そのためには話す❗️
    触れる、見つめることでお互いの温もりから伝わってくるものがコミュニケーション…やってこなかったなぁ。
    やっていきます😍

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

関連記事

1クールのまとめ❣️〜1010Happy④講師の話から〜

池原 由貴子 1クールのまとめ 楽しく学ぼう スキンシップ・アイコンタクト 心を育てる〜生理的欲求〜 楽しく学ぼう では なぜ1010Happyクラスが出来たのかという話 助産師として 現場で働いた時 …