読者登録

1クールのまとめ❣️〜1010Happy④講師の話より〜

投稿日:

池原 由貴子

1クールのまとめ

楽しく学ぼう
スキンシップ・アイコンタクト
心を育てる〜生理的欲求〜

楽しく学ぼう では
なぜ1010Happyクラスが出来たのかという話

助産師として 現場で働いた時
妊娠・出産の中でまず一番に知っておくことは
これだ!と感じたこと

“人が成し得る事業のなかで
一番偉大なことは
子供を産み 育てることだ”

このことを1010では共通認識にしています

命は全自動✨
生かされている命

このことを前提に

2回目のテーマが
スキンシップ・アイコンタクト

このきっかけが
小堀さんに言われた
“わからなくても 抱っこしなさい”

娘に触れることで 私自身の感覚が変わりました
それまでは子育てはお世話と思っていたし
子供にやってるつもりだったけど

実は自分が育っていた 育てられていた!

子育てしてるつもりだったけど
人を育てること 命を育てること
そんな方法もやり方も関わり方も
知らなかったんですね

スキンシップ・アイコンタクトがきっかけで
私自身が変わった話をしました

そして3回目の心を育てる

考えるから 感じるへシフトしてくれるのが
子育てで自分を育てるってところです

お母さん自身が
“自分を何だと思うか”
お母さん自身の自尊心
尊い自分
そんな自分を感じることから始まるんですね

完璧な人ではなくて
私らしい私
この自分を取り戻す
そのスタートが自分を感じるということ

今まで当たり前と思っていたことも
当たり前じゃない

妊娠も出産も子育ても
それを感じるだけで
自分のやってることの凄さを感じると思います

今 このクラスに通い始めて
明らかに変わっている 自分の心地
顔をみて、笑顔になって 話をして
それが自分のパワーや喜びになる

この心地が自分の中にあることを
感じてほしい

自分自身に矢印を❗️
向けながら聴いてくださいね

宮良幸美

私がまとめとして話す時に
切り替わったきっかけ
それは長男が夜泣きでした

そこで一番何が変わったかっていうと
やっぱり自分の自我

ゴチャゴチャした娘だった気分で
子育てしてるって言うところの部分から
自分が育てるんだっていうところに
変わったんですよ

それまでは自分の時間は自分だけのもの
自分のために使うということができたのに!というイライラが夜泣きの子どもの顔を見たときにそこが全部一気に消えて “私が”と覚悟が決まったんです

ここで皆さんに何を一番に伝えたいかと言ったら
“子育てのイメージを変える”こと

私も子育ての知識は沢山あってやり方も方法もわかってて どこかで学んでいるつもり
知ってるつもり

そんな 知ってるつもりの自分に
気づいた時に変わりました

だから 知らないという前提で
聴いてください

そこで私が繋がったのが
“第一義務者はお母さん”ってところ

私が育てていくんだ!って

だから この まとめの話も
“あっ 私なんだ!”って
入って聴いてほしいんです

私は 何が変わったかって
“自分”を感じたんです

それまでずっと外ばかりみていた自分が
夜泣きの子供と一対一に向き合った時
それまで泣いてる子供を抱っこしていると
思ったのに
泣きたかったのは”私”だったんだって
わかったんです
その時に私は私を感じたんですね

お母さん自身がまず自分のことを
感じることから始める
そこを大事にしてほしいと思います

自分を感じないと
外も相手も感じない

だからこそ
自分を感じていくことの大切さを
伝えたいです

小堀美奈子

1回目の話では
私は笑顔の話をしたと思うんですけれど
命を育てる方法も育て方も
誰からもどこからも触らずにみんな子育てして
るっていう事実をすっ飛ばして
子どもをどうするかっていうところに
走ってるんですね

この教室は親力プログラムなので
親自身の気持ちをとりもどすこと

そもそもね
悩んでるのはね正気じゃないからです(笑)

子どもにイライラするのは実力がないからです

それがあるのは
自分自身を理解してないからなんですね

でそれをまたそうなんだ
悪いんだってやってること

日本の教育を受けてきてるから
正しい間違いでずっとパチパチ弾くんだけど

ここの教室は気持ちを育てる

正しい間違いを育てるんじゃないんです

気持ちを育てる場なのでだから
ここに来てホッとするね〜
楽しいね〜

今 本当に楽しいから集うっていうところで
自分が笑顔だなーって感じてほしいんです

子どもはそのままお母さんの笑顔しか見てないのでお母さんがどれだけ自分のことを
大事にするかって
とっても簡単なことを話しているんだけど
みんなが気難しいから
聞こえないっていうところがあるんですね

娘が17歳で
親としてようやく17歳の親になってるんだけれども親力プログラムの学びと一緒に0歳から17歳までやり直した感じなんです

今 娘も反抗期でまっすぐ
自分の気持ちを言っていう
ところで私も一緒なんですね

すごいなぁと思ったの
どこからも何からも学ぶところがなく
私は来たけれど
親力プログラム
金城先生に出会って
プログラムで娘の命息子の命と共に
自分を一から育てなおせる

私ひとりでは無理なので
こうやって三人来てくれたんですね

長女と出来なかったことを長男と次男が
してくれる

子供とこの関わる中で学べるって言うのが
子育ての醍醐味で本当にラッキーなこと✨

それをまずわからなくてもいいからわかること

あー小堀さんが言ってたなぁってわからなくてもいいから分かることだなーって

この中にいるだけでも OKなんです!

だからここに来続けて継続していけば
私たちみたいな笑顔で
生きていけるので
大丈夫って自分に思ってください

“生きる力”って言った時に生きる力はどこに行っても誰といてもどんな状況でも大丈夫という
人間力ってまずはお母さんがつけようって話!

自分自身の鏡なんですね 子供が。

生きる力と言った時に
それはコミュニケーション力をつけることが
大事だって話をしたんだけど

コミュニケーションって言った時にみんなの中で話すことだけがコミュニケーションなんです

でもね
触れることがコミュニケーションなんです

手をつなぐこと
目を見ること
匂いをかぐこと

先生と学ぶ間に
本当に実践ですよねハグを通して
自分を育ててきて
頭では分からなくても
身体はちゃんと聞いてるんですね

身体はちゃんとわかってるんですね
これが心地いいとかこれはちょっと深いとか

本当にいいとかっていうのだから体感してるからみんなここに来たくなるんですね

頭はいろんなことがあって
いろんなこと考えてるけど
ここに来たらホッとする
自分のままいられるっていうのを
わかってる 実感してることをわかってほしいです

コミュニケーション力って言った時に
皆んながイメージしてるのが狭いんですね
自分のか外方だけのコミュニケーション力になっています

とにかく抱っこしておきなさいって言ったときに頭いろんなこと考えても温もりは
ちゃんとある

今何が大事かって言った時
子供はあなたのところに来てくれた
それ以外大事なものはない

ここは命を学ぶ神聖な場なので
自分だけ大変だよとかはなしです

あなたにおっぱいが付いてるのは光栄なことです

夜中おっぱいしてても
隣でもどこかでも夜中おっぱいしてる人がいるなってて思える
それが母性です

だから自分を小さな器に入れようとしないで

授乳や十月十日育む力がある
子どもが引き出している
周りが引き出してるっていうのが
あなたの存在
悩んでる人は自分のこと小さく見積もってる

キリキリしてる人は
自分のこと小さく見積もってるわけ

だからそんなんたじゃないよっていうことを子どもを教えてるから振り回してるの

それからここで伝えたいのは
笑顔

アイコンタクト
スキンシップ

わからなくても抱っこをしてください

触れるのは子供のためじゃなく
自分のため
自分が何を感じているのかなって

本当に愛おしいと感じられる力が自分にあるって
何が大事かわかってるんですね

私たち3人はそこにみんなも同じように導けるのでわからなくても大丈夫と
新しい気持ちで始めていきましょう

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

関連記事

1クールのまとめ❣️〜1010Happy④講師の話から〜

池原 由貴子 1クールのまとめ 楽しく学ぼう スキンシップ・アイコンタクト 心を育てる〜生理的欲求〜 楽しく学ぼう では なぜ1010Happyクラスが出来たのかという話 助産師として 現場で働いた時 …