読者登録

8月先生講話 ポイント まとめ&やんちゃツアー感想

投稿日:2018年9月4日 更新日:

今回は、5月からのまとめ、
「一緒を育てる・関わる目的の違い・コミュニケーション」
のまとめです。宜しくお願いします。

本題の前に、今日のテーマに繋がることなので、
ヤングとの会話、たわいもないちょっとしたムードを見てほしいんです。
(座波家の長男と、宮良家の三男、金城家の長男の3人に前にきてもらう)

 

このヤングチームの男性陣・・・、
表で休憩しながらたわいもないおしゃべりをしていたんだけど、
そしたらめっちゃ楽しそうに話してるからなんだろうと思って聞いたら。

ひーろー(座波家長男)がさめっちゃノロけてるわけさ。

僕が、誰が好き?って聞いたら、ひーろーが
〝は~ながめっっちゃ好き〟って・・・
こういう話をしているわけ。

はなのどこがすき?って聞いたら・・・
〝は~なが好き〟って・・こういう話をしているわけ。

 

(ヤングに向かって話す)

先生:子供って可愛いよなー?・・・
3人 大きくうなずく

先生:ね?みんなうんうんと言うでしょ?
先生:めっちゃ伝わるよな~・・・

3人:うんうんうんうん

先生:言うこと全部??

3人:伝わるよねー・・・

先生:言ったこと?・・・・聞くよねー??

3人:うんうん、めっちゃめちゃ聞く

先生:優しくする必要ある?

3人:ない!!!!!

先生;ビシバシ言っても?

3人:大丈夫!!!

わかる? 僕はさ、彼ら3人に、人の子供でこんな可愛いんだよ!?、
自分の子供でもない人の子供でこんなマックスの笑顔で、
〝めちゃヤバい、めちゃヤバい!!で~じかわいかったは~な~〟ってよ?? 
だから・・・みんなも分かれ!!!ってこと!!!!!(子供は無条件で可愛い)

この3人は、こんな笑顔で子供たちに接してるわけさ!!
めっちゃかわいくて仕方がないわけさ、子どもが好きなわけ。

先生:子供は理解力?・・・

3人:ある!!

先生:これでさ?自分と愛する妻の分身が生まれてくるんだよ

3人:はっはっはっはっはっ!いやいやいややいや、やばいよねやばいやばいレベル~~~!!!

 

あのね、言えばわかる。
わかるけれども言うこと聞かないっていう意味が違うんですよ。
これはね、好奇心に勝てないわけさ。好奇心に勝てないから触るんですよ。
僕が息子が触るなって禁止して、触らない子供だったらやばいな・・・と思って言ってるわけ。
あっ!触るな!って言っても触るんだな~だったら、たくましく育つな・・とか。

そういう意味で、いつも子供を逆に止める、止める!ということをしているんだけれども、
実際は好奇心に勝って何でも止めたことを超えてでもやるから、
僕のなかで言葉にしてはいないけど合格って思って育てているわけ。

だから今、目の前でやっていることの表上のことだけでなく、
実際に何を育てているのか、何が着々と、
ちゃんとその子の中で育てるかっていうのを見ながら関わっています。

ここにいるヤングが自分の子供、分身が生まれてきたら、
人の子供でこんなにまでも可愛くて仕方がなくて関わることが。
楽しくて、関わっていることのコミュニケーションで人が育つって考えたときに、
すごいと思わない?って言った時に、〝あ~、めっちゃ面白い、楽しいスゴイ〟って言ってるんですよ。

自分に似て可愛い言えるのは〝自分を愛してる人〟しか言えないんですよ。
自分のことが嫌いな人間は自分に似てほしくないと思うんですよ。

 

かつて小堀家のへいしゅうが小さいときにまさやが面倒を見たことがあって。
まさやがへとへとになるくらいの絡みようで、それが結果、
へいちゃんの行動が落着いたことに繋がった事があったんだけど、
でもまさやが自分とへいちゃんを比べて、
それ以上だったということを言われて驚いていたということがあったんだよね。

そうやって、親が育てている場面と、外で、第三者、家族以外の人間と関わることでしか気づかないことがあったりしながらも、
あぁ・・・こんなににまで僕は元気な子だったの?って、
まさやがまた改めて復習したりとかしながら、
ヤングだってさあ子供の面倒を見ていきながら自分の過去を振り返ったりとか、
今、自分たちが面倒を見たりしてる力をつけていったりで、お互い様で感謝しているんですよ。

ただね・・・このムードを覚えててほしいんですよ、お母さんたちには。

こんな気持ちでさこんな可愛い気持ちでさ、
こんな歓迎ムードでさ!やんちゃツアーはやってるわけ。

 

一緒っていうのを通して、関わる目的を一つにして、
コミュニケーションを図ってっていったときに、
たかが3日間で親に対する恋心を超えちゃったなごめん!!って感じの自分たちがいると思う。

 

先生:子供は理解力がある。ということは言うことは?

3人:聞く

先生:言えば?

3人:分かる

先生:で・・・楽しいことは、教える必要ないほど?

3人:共感しているしてる・・よね~~

先生:お母さんが・・・・盛り上げる必要は?

3人:なーーーい

 

これ?打ち合わせしてないからね??? わかりますか?
たぶんこの人たちは子育てに苦労じゃない〝楽しみ〟を知るんです。

覚えておいてほしいのは、この〝気持ち〟を保ったままだと
将来、本当にそんな子供になっていく。
でも、問題は本人たちが親の義務や立場に立ったりした時、
子供との間に挟んだ瞬間にギクシャクするから。
そこにすれ違い、面白くないことを言う父親になる。

でも、今ここで経験していることを忘れなければそのまんまの子育てになると思う

子供はわかってるから育てる必要はないよ。
子供たちとの間にはこの絆っていうのがすでに起こってて
愛着心の話は1年間通してずっと1月から言っています。

愛着心というのは、言葉を変えると『信頼ある親しみ』。

信頼関係のある親しみ、これは優しさだけでは絶対無理です。
ヤングは、その優しさのなかに〝叱る〟もできるんですよ。
ダメなところはダメで厳しくも言うこと。
厳しくしても親しみが生まれるということは愛として子供がわかってるから、親しみになるんです。

子どもたちがわかってるって意味なんです。
子どもたちがもうかわいくて仕方がないという
この愛着心にわいた形で子どもたちを受け止めて3日間、責任もって引き受けているんです。

単なる一つのピクニックやイベントの業務を引き受けているわけではなくて、
責任者として言えばあのツアーを通して本当にバーベキュー、水鉄砲遊びをしてるんじゃないんです。
バーベキューを通して、どんな主体が入りどんな責任感が入り、
どんな風にしてそれを楽しみながら力に変えていっているか
成長しているかというのを見ているんです。

ここでしかやっぱり学べないことだったり、
人間の何が育つかっていうのをちゃんと見ながらやってるツアーです。

質、本当に本物の教育、人間性の教育ということを考えた中でのプログラムやツアーっていうのは、
似たようなものは世の中で見つけるのは、
本当に難しいだろうなと思うほど素晴らしいものです。

ぜひ参加者は感想をHOPのページややんちゃツアーコミュニティーに
投稿してください。また参加出来なかった方は、
感想を読んで次回の参加のための学習にしてほしいと思います。

今回はやんちゃツアーの感想を含めての3ヶ月のまとめ
「一緒を育てる・関わる目的の違い・コミュニケーション」でした。

 

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

関連記事

1クールのまとめ❣️〜1010Happy④講師の話から〜

池原 由貴子 1クールのまとめ 楽しく学ぼう スキンシップ・アイコンタクト 心を育てる〜生理的欲求〜 楽しく学ぼう では なぜ1010Happyクラスが出来たのかという話 助産師として 現場で働いた時 …