アドバイザーStory

アドバイザークラス それぞれのメッセージ

投稿日:2017年10月18日 更新日:

「アドバイザーコース」受講生からの挨拶 ♪♫    

みなさん、子育てを楽しんでますか? 

私たち 25名の「親力プログラム・アドバイザーコース」の仲間は、
3年間の「命の基本」を学ぶカリキュラムを終え、4年目の今、
お母さん同士がつながりあい、子供たち、
ひいては社会に「生きる力」を身につけるための環境づくりをしています。

「親力プログラム」は笑いあり、涙ありの、心が躍動するカリキュラムです。

 

気がつけば、自分が変わり、子どもが変わり、

子育ての意味、そして、生きる意味さえも変わる、

まさに遺伝子レベルで命が塗り替わる、

地球初のすごいプログラムなのです!

子育てにはやり方も順番もちゃんとあります。

今まで誰も教えてくれなかった「命を輝かせる方法」がここにあります。

そんな笑いと希望であふれる世界を、ぜひ感じてみませんか。

 

25人、それぞれの想い

◇「希望の世界」の住人になろう!    藤井 里佳

金城先生の話は、毎回ワクワクでいっぱい。 頭じゃなくて、心と魂が躍動し、 気がつけば、不安から希望の世界の住人になっている 摩訶不思議なプログラムです。 希望の世界の住人になると、 「すべての悩みは自分の問題だった!」と思えるので、 なんでも自分次第で生きられるようになります♪ 今まで信じてきたことが いい意味でガラガラと崩れて、 価値観が180度転換! すると、子育て、人間関係、仕事…… あらゆる場面で、自分の軸が決まり、 人生で迷うことがなくなります。 希望の世界は、ぬくもりひとつでつながれる世界。 勝ち負け競争がなく、信頼をベースに、 お母さん同士がつながりあえる、 本音で生きられる心地いい世界です。 まさに、理想郷☆ そんな世界が実在することを、ぜひ体験してほしい! 親力プログラムで、その心地を感じてほしい! タイトル通り「いのちが輝く」生き方で、 子育てを一緒に楽しみましょう!

 

◇人が環境   滝沢 典子

全てがひっくり返ったプログラム・・・。

どんな綺麗事言ったって世の中お金でしょ?え〜?違うの〜?1+1=1だって?なになに〜?プログラムを学んで大笑いしていたらプログラムされていたって?今まで自分が握りしめていたものは何だったの?記憶にないことも思い出すって?

あれれれれ?3年笑って聞いていたら、迷わなくなってる!!!!。自分のことそもそも好きだったけれど、違う部分が大好きになってる!!!!。何でも話せる人が周りにいっぱいいる!!!!。だれといてもワクワク♪

いつでもワクワク♪なんかあってもワクワク♪

そう!!!!!希望だけで生きてる!!!!!

すべての命の輝きの連鎖をどこまでも続けていくために。今、自分たちが命を輝かせることが使命なのではないでしょうか。そのスイッチを1発で入れてくれる金城先生の言霊を講演会で聴けるということは、人生の分岐点になること間違いなし!!!!!

笑って笑って泣いて笑って、心が躍る感覚を、是非、一緒に経験しましょう!!!!

 

◇子は親の鏡   岡田 友子

子供を産む随分と前から、子育ては人一人の人生を左右する責任重大なことで『子は親の鏡』という言葉に子育ては親がしっかりしないといけないものなんだなと思っていました。

自分が出産子育てをするようになり、親からは親世代の子育てを押し付けられそうになったり、旦那からは育児を任されっぱなしで、私自身どうしたら良いのだろうかと思っていたところで親力プログラムに出会いました。親の力をつけるプログラムは私がずっと探し続けていたものでした。

子育ては自分の幼少期を子供を通してやり直せたりする楽しく幸せなことだよ!と講師に教えてもらって、はじめは???だったけれど、今は一緒に遊んだり気持ちを共有したりと子供と楽しく過ごしています。

これは‼︎という講義は、性格と人格という講義です。親からもっとスキンシップをして欲しかった、親からもっと誉めて育ててくれていたら良かったのに、そしたらもっと違う私に育ったのに‼︎とずっと被害妄想でいたのですが、全て自己責任というところに辿り着きました。性格や人格について、ずっと前から興味があったのでとても学びとなった講義です。

親力プログラムをスタートして4年目になりますが、子供はママに恋してる💕子供は理解力がある💕ということが日々深化進化しています。

子供のために受けはじめましたが、同じ親力プログラムを受講するママさん達とかけがえのない仲間になっています。親力プログラムに出会えて幸せな子育てになっています。

 

◇生きる力を育んでもらっている   古宮 美穂

親力に行くと、必ずいろんな人とハグします。最初はもう拒絶感しかなかった私ですが、とにかく積み重ねていって、あるとき講師の小堀さんにお膝抱っこしてもらいました。ああ、私、これが欲しかったんだって、涙がでました。あの絶対的な安心感といったら。。。こどもにスキンシップが大事と頭で知っていても、自分自身が体感として分かっているのといないのでは、心地が全く違うのではないでしょうか?あのときの包まれるぬくもりを感じてから、こどもに感情任せに怒鳴ることがなくなって、落ち着いて向き合えるようになっています。子育てにかぎらず、生活全般、人間関係全般が、どこか不安定だった私の日常が変わりました。 どんなにスキルを学んでも、土台がしっかりしていなければ、いつか崩れてしまいます。私はここで、グラグラだった私自身の土台を築いて、生きる力を育んでもらっているんだなと感じています。

 

◇明快!爽快!心育む親力プログラム!!   永江 瞳

赤ちゃんが、こんなにも、こんなにも・・・柔らかいなんて♡いい香りだなんて♡可愛いなんて♡

そして、こんなにも、意志のある眼差しをしてるなんて!!

親力プログラム、基礎編・応用編・総合理解編の3年間を受け続け、4年目のアドバイザーコースに入ってから、2人目の妊娠・出産・産後を過ごしているのですが、 とにかく、赤ちゃんがお腹にきてくれたことが誇らしく嬉しく♡赤ちゃんを抱っこできることが喜びで、いつも、いつも、抱っこしていたい気持ちになります。

 

このぬくもりに、いつも触れていたい。感じていたい。 6年前の、初めての妊娠・出産・産後。赤ちゃんを可愛い!!と思える自分と、どこか不安で、泣かれることが嫌で、寝ようもんなら、すぐに抱っこをやめて下に置こうとしていた自分。

寝てくれるとほっとして、寝顔を眺めていたのですが、 今は、寝てても、泣いてても、おっぱいのんでても、ぶりーー!ってうんちしても、ぐずっても、笑っても、全部好き♡ 全てが命の表現だということが伝わってきます。

親力プログラム♡ それは、お母さんと子供の成長プロセスを、優しく、時に厳しく、愛と理解で見守ってくれるプログラムです^ ^ 講演会では、その一端を感じれることと思います。ぜひ、この世界を感じにきてください^ ^

 

◇ひとは違う    御園生 房恵

ある時、聴こえてきました。

人は違ってあたり前❗

人それぞれだからと頭で理解してた。

でも、頭だった❗

人としてこれはあたり前の気持ちじゃない、わかんないなんて信じれーん”怒”(`へ´*)ノ

義母はそんな気持ち持ち合わせてなかったァー。持ってない人もいるのね。

自分との違いを受けとった時、ふぁーと軽くなる心地になりました。

 

◇友達 100人出来るんです!!   本間 萌

友達100人できるんです! 上の子を出産して約10年。ママ友と呼べる人はチラホラいましたが、ちょっと会わないと疎遠。話が合わなくても疎遠。 本音で話せる友達がいない。 でもそれが普通だと思っていました。

親力プログラムに出会い、親友と呼べるほどの友達がたくさんできました! プログラムを学んでいるから、本気で本音で話せ、うわべの言葉や嘘を言わないから、相手も自分も信頼するようになっていく。これが子供ともできるようになる。 どんどん自分を好きになる! こんな仲間たちと企画する講演会は、青春時代の文化祭さながら! 何しててもめっちゃ楽しくて、友達がいるって幸せ〜。 大人になっても一生ものの友達、できるんです! まずはこの環境から、感じに来てくださいね〜!

 

◇子どもをみる目が変わりました   田邉 由恵

子どもをみる目が変わりました。

子育ては、知識やテクニックがあればうまくできるはずって思っていました。でも、日々、悩みごとやうまく行かないことばかり。しかも、子どもは全く言うことを聞かない!良いお母さんになりたいという気持ちだけが空回りしていました。

親力セミナーを受けるうちに、子どもをどうにかすることばかり考えていた私が、ありのままの子どもを受け入れたい、子どもの気持ちをわかりたいという姿勢に変わりました。すると、子どもがたくさん話してくれるようになりました。

「ママ、楽しいが大事だよ」「ママ、自分を好きになって」「ママ、大好きだよ。」子どもは愛にあふれていて、人として大切なことは何かをちゃんとわかっていて、本質を見抜く力が備わっていました。

子どもは親が何とか躾けるものではなくて、私に、私らしく生きる方法を教えてくれる存在だったのです。いまは、子どもと関わることがとにかく楽しいです。

子育てだけじゃなくて、人として本当に大切なことを学べるセミナーです。ぜひ、このセミナーの凄さを体感しに来てください。

 

◇ママ、変わったね!  大塚 貴子

「ママ、変わったね!」 この先、悪いことなんてもう何も起きて欲しくない! 平気そうな顔をして笑っていても、本当は心の中は不安だらけ。

手探りでやってる子育ても、このやり方は正しいの?間違いなの?基準はどこ? と常に答えを探している。育児本を何冊読んでも心は落ち着かない。

こんなに自分にいっぱいいっぱいだった私でしたが、親力セミナーに通い、金城先生の話を聞いて笑っているうちに、気が付いたらとても気持ちが楽になり、子どもと笑い合って楽しく生活していました。

ある時「ママ、変わったね!」娘が嬉しそうに言いながら抱きついてきました。あ〜、子どもを喜ばせてあげられる自分なんだ!と、とても嬉しく、これだけでいいんだな、と思ったのを覚えています。

親としての力を付けるプログラム。子どもたちはみんな分かってるんですね〜。 一緒に学んでみませんか?

 

◇変わりたい とにかく変わりたい!    桑 恵里

もうすぐ6歳になる息子の妊娠中、とってもしあわせで、生まれたらどんなに可愛いんだろう〜♡と思っていました。 しかしいざ産後を迎えてみると、自分の身体の痛みや、寝不足、おっぱいが出ない、赤ちゃんの体重が増えてない、自分の体重が減らない(笑)、そんなことに気を取られて、可愛いはずの赤ちゃんを、自分の想像していたようには可愛いと思えていない自分に愕然としました。

変わりたい とにかく変わりたい! そう思っていた私の目の前に突然現れたのが親力プログラム。 息子は2歳になろうとしていました。 親力プログラム…何それ? 金城幸政先生…誰それ? なーんにも分からないのに、 私が探していたのはきっとコレだー! と、通い始めました。 通い続けて4年目、私の何が変わったのか、正直自分ではハッキリとは分かりません(笑)

でも、息子はかつて私が想像していた以上に可愛いと感じられるようになっていて、可愛さはどんどん増すばかり♡ もうすぐ2歳になる娘も、可愛くて可愛くてたまりません♡

子どもたちをそのまま可愛いと感じられること、そして、可愛いと感じられる自分であることがとても嬉しいです。 子どもの可愛さを感じきれなかった不感症の私が、感じられるようになった親力プログラム。 一緒に学ぶ仲間を募集中です♡ 講演会で親力プログラムとその環境のあたたかさを感じてみませんか?

 

◇一緒の心地「愛着心」   中川 和代

親力に通い始めて4年目。 いつもいつもあたたかく見守ってくださっていた、眼差しがありました。 金城先生のお話は毎月毎月面白い!だけどわからない(笑) なんだろう?どういうことだろう?って知りたくて知りたくてここまで来ました。

私が通い続けたのは、子どものため…ではなく、明らかに自分のためでした。 「私は大丈夫」とは思っていなかったけど、かなりの重症だし、不感症だった。 それを本音で教えてくれる友達、あたたかく見守ってくれる環境がここにあって、少しずつ自分のわからなかった部分が紐解けていく。 ひとりでは決してできないことだなぁ…だからみんな繋がっているんだ。 みんな一緒。 一緒に学んで本音で話せる友達がたくさんいるって本当に嬉しい!普通に生活していたら絶対に会わなかったし友達にもならなかった!はず。

そんな仲間と作る講演会。 それまで「孤立」を極めた私たちでしたが、4年の愛着心は半端ない。 全部がいとおしいです。 これは、ここにこの場所にこの環境に触れて初めてわかると思います。 頭で考えてたら何もわからない。ただ感じに来てほしいなと思います。

 

◇生きてるってこんなに輝いている  横山 牧子

私が体験するプログラム。 生きてるプログラムが親力プログラム!!! 親力プログラムを受けて四年目。 初めて『ままー抱っこ』『ままーみてー♪』の子供達の言ってる意味をわかるようになりました。 母親との愛着。 これが分からなかった私は、育児や子育て、生きること全てに「いい悪い」「出来てる出来てない」のジャッジをしていました。 とても苦しかった。 いつも答えを探していた。 子どもたちの存在する意味すらわからずに、 命に対して「出来てる、出来てない」のジャッジをしていたと今ならわかります。 そんな暗中模索でどうしようもない私を、先生や講師の方は一つ一つ丁寧に関わってくださいました。

母親である私が先生や講師の方々と愛着を深めていき、 自分の中にある愛着心を取り戻した時、子どもたちとの関わりがまるで変わったのです。

『まーまー』の言葉に目と目を交わす時、今自分が子どたちの何を育てているのか、子どもたちが何を私に伝えてくれているのか、 そこを感じながら日々の関わりができる。 これは私にとって、まさに奇跡です。 肌と肌を重ねるとき。 優しく頭を撫でるとき。 手を繋いで、笑顔をかわして歩く時。 子どもたちとの瞬間が私の命をキラキラと輝かせてくれる時間に変わる。

生きてるってこんなにも輝いてるんだ。 子育てってこんなにも感動するものなんだ。 子どもって、こんなにも愛を伝えに来てるんだ。 それを実感できるプログラムです。

このプログラムにはたくさんの方がいます。 沖縄のお母さんたち、おばあ世代も。 0歳から28歳のヤングチームや東京のスタッフの方、 全国から集まる老男若女の仲間たち。 この仲間たちが、私の命を育ててくれた。 取りこぼした感情を、経験をやり直させてくれた。 この体験があったからこそ、子どもたちの声に心が傾くのだと思う。 こんな環境、他には絶対にない。 子育ては悩むものではない。 経験するもの。 たくさんの人に支えて貰いながら、共に歩んでいくものだと私は想います。 その経験がこの親力プログラムや金城幸政先生が創り上げた環境でできる。 だから、たくさんの人に聞いてほしい。 子どもたちの命。 私たちの命。 輝きだすから、絶対に親力プログラムに触れてほしい。 ぜひ、来てね!!!!!

 

 

◇お母さんの笑顔があればいい・・・  高橋 実和子

わからないがふつー

だから、学ぶ

お母さんの笑顔があれば良い

笑いがふつー🤣

そんな仲間との環境が

親力プログラムを

学び続けただだけで手に入れることができました❣️

知らないことって素晴らしいんです✨

共に学ぶ素晴らしさを感じてもらいたい✨

簡単に人に教えちゃうのはもったいない。

でも、広げないのはもっともったいない。

愛と涙と笑いがここにはあります😄

私達が学んだ4年間の気づきをぜひ一緒に感じてください❣️

 

◇とにかく楽しんで生きるのが命への礼儀    風間 千花

子どもが分からない、とあちこち学び歩いていた頃、親力プログラムに出会いました。 感じるって何?自分の気持ち?人の気持ち?というくらい重度の不感症だった私に、ゆっくりゆっくりとその時その時に有効な言葉がけ、スキンシップを与えていただき、等身大の私からでいい、とずっと見守り育ててきていただきました。 そして感じられたのは、こんなにも何も知らずに生きてきたんだな、ということ。

「命ひとつ育てるのに真剣みが無さすぎる。」という言葉の重み。 そして、とにかく楽しんで生きるのが命への礼儀ということ。 育ててもらって分かる、人には育て方があるということ。 学び続けられたのは、裏表なく何でも話せる仲間達、悩みを明るく笑い飛ばしてくれる環境があってこそ。 絶対にここでしか得れないものがあります。 まずは一度話を聞きに、感じに来てください。

 

◇自分が変わるとこどもが変わる   松本 美希
自分が変わると子どもも変わるよ! そんなことを言われて家に帰ると、 小5だった息子が母ちゃんおかえりーって言って、これまでしたこともないハグをしてくれたあの日。 何が変わったのかはぜんぜんわからなかったけど、きっとこれはさっき言われたアレだー!! と思って親力に通い始めて4年経ちました。
4年前と今、なにが違うのかといえば、とにかく生きるのがラク! いちいち人の顔色伺ったり、使えない気を使ったつもりになって空回りしては疲れたり、そういう要らないムダなエネルギーを使わなくなってる。 その代わりに、思ったことをそのまま言う。 自分がやりたいことを自分で選べる。 立場じゃなくて、じぶんを基準に出来るようになってる(^^*) 私がひねくれないで話すと、相手もちゃんと受け止めてくれるということを体感しました。
ということは、ここに来なかったら、一生自覚のないままひねくれていたんだわ!

金城先生との出会いは、本当に大きな大事な出来事でした。 来れば、必ずあなたにも大きなきっかけになるはず。 そんな講演会です。

 

◇お母さん達が創る環境を次世代へ       福里 淑子

親力プログラムを受けて4年。一番変わったのは長男です。

私から片時も離れず、学校も行ったり行かなかったりを繰り返した長男がプログラムの実践版「やんちゃツアー」で、自分を生きると決めて人が変わりました。

 

人になんと思われるか気にせず、自分の思ったことを思った通りに伝え、どんな状況でも楽しむ姿はすがすがしく、親としてこれほど嬉しいことはありません。何か起こると原因を見つけ、問題点を特定し、解決策を探しまわっていた私。複雑に見えたことも スキンシップ・アイコンタクト・一緒の愛着心こんなことから紐解ける。そこ無くして人は生きられないことすら知りませんでした。

まず私が、自分の気持ちを優しく扱うこと、自分を幸せにすること、自分を尊ぶこと、それが子供を、人を幸せにする。その大切さを身体に染みこませてくれた4年間のプログラム。知らないうちに価値観が、目指す方向がひっくり返ってました。

目の前にある幸せを感じて喜べるお母さん達が創るこの環境を次のお母さん達に手渡したい。ぬくもりの輪を広げたい。これを世の中の当たり前にしていきたい。親力プログラムを体感しにぜひ青山に来てください(^-^)!

 
子育ては楽しんでいいんです!  遠藤 純子
私は、ずっといいお母さんになりたいと思っていました そして親は見本にならなきゃと思っていました。 でも、見本になんかなれない~ 。子どもは生き生き幸せ育ってほしいと思うのに 自分はまったく生き生きしていないし(笑) 子育ての方法も、やり方もまったくわからなかったから! あの時は、日々緊張感に包まれ 子どもと接するのも、人と接するのも苦しかったです。
そんな時に聞いたのが 子育ては楽しんでいい!という金城先生の言葉 カチコチの子育て像をもっていた私は え~~!楽しんでいいの?!と、衝撃をうけました! 今までの観念がひっくり返った瞬間でした。 親力プログラムは親の力を育むプログラムなので 自分を通して学びます 子育てという入り口でも、見つめるのは自分自身! 親力プログラムを学ぶうち 等身大の自分でいい、等身大でしか関われないことを知り 子育てがとても楽に、そして楽しく激変しました 。今では毎日子どもと笑いあってる生活です。 もちろん、ケンカもしますが どの時間も愛おしいと感じるようになりました。
こんな気持ちになる お母さんたちを増やしたいなぁ~!と思っています。 子どもと出来るようになると 他の人とも、私のままで 楽に関われるように変わってきました。 人との関係が楽になることにより 私の中にあった対人関係の緊張感がほぼなくなりました。
そして、講師陣と学びを共にする仲間との出逢いは、 普段の生活では絶対知り合いにならないような人たちばかりで、 世界観が広がります。
これが豊かっていうことなのかなぁと感じています。 言葉では説明しきれない世界なので とにかく来て感じてほしいです!。
あと、あとでわかったことですが 見本になるもなにも 子どもは、そのままで大丈夫でした。そして、私がもし、いいお母さんだったらツマラナイと言っています ひとりで勝手にそれがいいって思いこんで頑張っていたんだな~! 怖い怖い!笑

 

◇命を育てることは偉大!!  山田 雅子

子供や元旦那をどうにかしたくて受け始めたプログラムだったはずが… 子育てのこと何も知らなかった!。命を育てることがここまで偉大だと言うことも考えたことも無かった!。

スキンシップもアイコンタクトも私が求めていたことで、とても大切なこてだと初めて知り、そもそも自分が何を大事に想ってどう言う人なのか?。この環境があったから、問い直すことが出来ました。

そして、学び続けてきたから過去の相手を変えることに必死だった自分が可笑しくて笑えるんです。 苦しんでいた事が笑えるって私の生き方が変わったってこと! これって自分1人じゃ出来なかったと想う。 講師陣を始め、この環境で支えてくれる仲間達が居てくれたから! 今の私があると想う!

この環境、知らないなんて勿体ない! 是非、体感して下さい!

 

◇子供とのやりとりに理由はいらない  本山和代

『だっこ』 『どうして?』 『〇〇して』 『どうして?』 こどもとのやりとりに理由が必要でした。 そして説得が必要でした。 それは自分が自分の気持ち、想いを分からなかったからだと今は分かります。 だっこして欲しい、抱きしめて欲しい、背中をさすって欲しい、触れたい、見つめたい、 そんな自分が分かったら、思い出したら、子どもの『だっこ』も『まなざし』も理由はいらなくて。 ただただそうしたい、それだけが伝わりあって、ただ求め合うお互いと別々ではない感覚。 なんだ!子どもも自分もとーっても難しくしてました。 今、暮らしを一緒に作りたいという私の想いに、彼も、娘も、息子も、それぞれの得意な事、出来ることで参加してくれていること感じています。 単純な事がとっても楽しくて、堪らないです♬

 

◇私の人生の分岐点  須永貴恵

子供が育てにくくてしょうがなかった。泣き叫ばれ、私を苦しめる。泣いている理由も、抱っこしてと言われる意味も全く分からなかった。でもただ漠然と大切なのはどこか分かっていたけれど。

ほとほと子育てに疲れた私は友達から「明日子育てを紐解いてくれるセミナーがあるらしいよ。」と聞き慌てて申し込みをしました。これが私の人生の分岐点。

先生に出会えた事、むっつり禁止の真友たちに出会えた事。一番初めに教えてもらった事。「子供はお母さんに恋をしていると。」もー衝撃だった。

子供の眼差し、温もり、全て感じた。

「あー。私愛されてるんだ』

親だから愛さなきゃって思ってた。親だから頑張らなきゃって思っていた。親だから正論を言わなきゃって思っていた。子供が全て教えてくれる。感じたら、、、見えてきた。「温もりだけで生きていける」お母さんは一人じゃない。

わからないなりにここまできた私たち親力プログラムアドバイザー。それぞれ普通のお母さん。子育てにやり方も方法もあるんです!。本当にすごい、このプログラム。この温もりを全てのお母さんへ。まずはこの1日で感じて欲しい‼︎「命が輝くHAPPY 子育て」

 

 

◇お母さんが変われば子供も変わる  竹原 早苗

親力プログラムを4年間学んできて、今毎日が楽しいと感じています。 親力プログラムを学んで、お母さんが変われば子供も変わると教わり本当にそう感じたことがありました。 ある時、息子の反抗的な態度に怒りを通り越して母親の立場ではなく私自身の本音が出た時とてもすっきりしました。母親と子供という立場ではなく同じ人として本音で話した瞬間でした。 本音で自分の希望が話せるようになると自分がどんどん好きになって不思議と毎日が楽しくなってきました。 私が楽しいと子供も楽しいんだ!と感じたのは、小さな頃から反抗的な態度だった息子がなんでもない私との会話で心の底から笑っていたことです。 本当に嬉しかったです。 子育てって楽しいと初めて思えました。 そして、私の希望をまっすぐ言える4年間一緒に学んだ仲間がいることがとても心強く嬉しいです。 誰といても、どこにいても、どんな状況にあっても自分らしく楽しく明るく生きる!と私が思えるようになってきたので子供にも絶体手渡すことができると思っています。 この環境を多くの方に知ってもらいたいと思っています。 講演会で、ぜひ親力プログラムのすごさを感じてほしいと思います。

◇本気で生きる力を伝えてる  岩峅直美

今、親力プログラム、4年目を学んでいる中で感じる事は、人が仲間が凄く愛おしく感じられるようになりました(^^) 仲間とのハグも大好きです!! 私は人付き合いが苦手でした!自分の子供になら愛おしさは、なんとなく分かっていたつもりだったけど、人に仲間に、こんなにも愛おしさを感じれている自分にびっくりしています!! この愛おしさを感じられるようになったのも、いつも笑いありの先生の講座で笑い笑い、みんなの笑った笑顔に和み、講座を受ける真剣なみんなの想いを感じ、みんなで泣いたり笑ったり、、先生方が本気で生きる力を伝えてくれていたから、みんなも本気だった!! 私が親力プログラムを続けていた中で自然と感じられるようになったのかなと思います! 通い続けて良かった!この心地は、頭で考えても想像しても分からないからです(^^) 気持ちが楽になりました! 楽になると、笑いが出てきます笑 私が笑うと子供達も笑顔になり、楽しい!! 沢山の方に親力プログラムを知ってもらい感じてもらいたいなぁと思います(^^

◇人生は自分の投影♬   前田花苗

人生は自分の投影だということが分かると、 自分を知り信頼し、きれいなもの、美しいもの感じ、素敵なことを自分にインプットしていこう♡喜びをしっかり表現ししていこう♡ 心から湧き上がる小さな気持ちもワクワクする感情もぜんぶ大切にし なるべく口に出していこう♡ 毎日自然に動いている身体に感謝し、 子ども心に帰り、子どもととにかく一緒に遊び一緒に料理をし掃除をし、同じ気持ちをたくさん共有しよう♡毎日、家事や育児に忙しいけど、ぜんぶとにかく楽しもう♡ こんなことを親力プログラムでは、毎回笑いながらいつの間にか学べてしまいました。

人間には仕組みがあり、子育ては人それぞれではなく、やり方も方法もあるなんで、もっと早く知りたかったです。 楽しく子育てして人生楽しみたい方一緒に学んで、たくさんお話ししたいですー♡

◇命育ててるスキンシップ  橋本 由紀子

「子育てにスキンシップが大事」なことは誰もが知っている。 でも、できないことに苦しんできた。 わたしが、スキンシップができないことにも理由があった。 親からやってもらってきてないからとか、どんな理由であれ、やれって話。 やり続けてわかることがある。 隣のお母さんに育てられたとしても、私はこんな人。 自分のことも、子育てのことも何も知らずによくここまできたなあ。(笑) 子育てって命育ててるって自覚ありますか? 自分が子どもに何を手渡していきたいか、どんな環境で子育てをしたいか、見えていますか?

手探りではいつまでも不安なまま。 伴走してくれる先生がいて、仲間がいる環境が親力にあります。

 

◇誰もの命が輝く生き方 保科久美子
最初のきっかけは なんとなく講演会が気になったから。 そこから学び続けて4年間。 ただただ一緒にいるとほっとして 力が抜けて まっすぐ話せて 本音でいられる自分と ○○ちゃんのママじゃない 年齢を超えた かけがえがない仲間が出来ました。 私は自分を何とかしたくて ただただ通い続けたけど 子育てのテクニックじゃなくて 誰もの命が輝く生き方を教わりました。 どこにいても誰といても自分らしくいられる それは、子どもへの願いでもあって なによりそれは、自分へのプレゼント。 生きるのがとても楽になりました。 だから今度はそれをあなたに手渡したい。 金城幸政先生の講演会 3年ぶりの首都圏の開催です ただ、来て欲しい 出会って欲しい 笑って欲しい 一同、笑顔で待ってます
 
 
 

-アドバイザーStory

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

STORY6 ワクワクの時間

ハイサ~イ!(沖縄風♪) レポーターの藤井里佳です。   講演会まであと1週間ちょっと。 ということで、2日間に渡って、最後の準備をしました。   看板づくりの中心は、松本美希ちゃ …

ひろきくんの言葉に、心を射抜かれたママ続出!

レポーターの藤井里佳です。   今回の講演会にサプライズとして登場した、小学校2年生の田邊ひろきくん。 地球の子ども代表で、「大人たちに伝えたいことがある」とスピーチしてくれました。 &nb …

STORY3 講演会準備、盛り上がってます!

レポーターの藤井里佳です!     ネットのランディングページをつくってくれたのは、 河野鳥クミコちゃんと、   滝沢典子ちゃん。   とってもわかりやすく、見 …

笑顔は愛着心の証

藤井里佳がレポートします!   「会いたい」「一緒にいたい」「大好き!」という愛着心♡ 愛着心があると、一緒にいるだけで笑顔になる、幸せな心地になる。   4年前は、自分も他人も信 …

STORY4 懇親会とスイーツ

おなじみレポーターの藤井里佳です!     講演会も目前に迫り、アドバイザークラスのあとに、 1階カフェで、懇親会を開催。 どんな講演会にするか、イメージを金城先生とともに確認しま …